埼玉県越谷市蒲生の整骨院、腰の痛み、首の痛み、膝の痛み、不定愁訴の痛み 体の冷え、内臓の不調、交通事故後のサポート、手のしびれ、足のしびれ、骨盤矯正、整体、はり

あなたの健康応援パートナー 白寿堂鍼療所・整骨院

埼玉県越谷市蒲生旭町10-23     ☎ 048−986−7073
はじめのページに戻る


 花粉症がもうとーってもおすぎです!!


投稿:mogusa

今年は桜の開花が早すぎて、子供たちの入学式にはもう咲いてないかもなぁ・・・。

いやいやどうも院長でございますよ(^^)/

今年は大雪が降ったり、急に暖かくなったりと忙しい3か月ですよね。

そんな中、桜も咲いちゃって早くもお花見日和でさーね(^^♪

しかし手放しで喜べない人達が多いですよね、今回は。。。

そう、花粉症!

花粉症にも色々ありますが、何といってもスギですよね!

もはや3人に1人が花粉症だそうな。

したらば普通に考えますよね。

どうして日本にスギの木が多いのか?
何故伐採しないのか?

スギ花粉の人たちはまず知っているであろうこの話、
今回はこの話題にしてみようと思います。

1.スギの木が多い理由。

第二次世界大戦で日本は焼け野原になってしまいました。
住宅などの立て直しの為には多くの木材が必要だった訳です。

そこで、木材として成長スピード・扱いやすさという点で、
スギが選ばれたんですね。

高度経済成長時は建築ブームで木材の需要が増え、その後も
スギをばんばん植樹していった。

ここで問題が起こります。
安い輸入木材が流通し、スギの需要が一気に減りました。

その結果使われなくなったスギの木が、伐採されずに花粉を
飛ばし続けているわけなんですな。

まだ国の補助を受け消費される見込みが薄いのに、
スギは未だ植え続けられているそうです。

林業が成り立たないからという理由のようですが、果たして
真相は・・・。

2.スギの木を伐採しない理由。

スギの木を伐採するという事に力を注げれば、林業も
活発になりそうなもんですが、そうもいかないようです。

建材として使う理由の他に、
土砂崩れなどの災害対策と、
他の樹木と比べ二酸化炭素の吸収率が高く、
地球の温暖化を防ぐという役割があるので、全て伐採する
わけにはいかないようです。


なかなか難しい問題ですが、花粉の少ないスギが開発されて、
植え替えも牛歩のようですが、進められているようです。

花粉症のない日本が訪れるのはいつでしょうか。

それとも花粉症に対抗できる、新薬が出来るのか。

これから先が見ものです。

今回も最後まで見て頂きありがとうございます。



編集後記
いよいよプロ野球も始まります。

僕は小さい頃から父親の影響で巨人ファンでした。

WBCがあったり、スター選手のメジャー挑戦、
生え抜き選手を大事にしない体質に、僕の興味は
どんどん失せていったのですが、

今年少し楽しみな選手が戻ってきた。

だれであろう上原選手であります。

元々巨人に入る前からメジャー志向だったので、
賛否両論あると思いますが、僕は戻ってきてくれたのが
嬉しい。

僕の中で、野球を見ていて巨人のエースと言われれば、
江川・斉藤・上原の3人です。

この3人って僕の中では球種があまりないイメージなんです。

でも抑えられた。

なぜか?

抜群のコントロールと野球の頭の良さです。

僕も野球畑出身で、投手をやっていました。

今でも会う野球仲間に言われる言葉があります。

当時のお前にもう少し配球を考える頭があればと(笑)

残念ながら、僕の頭の悪さは
野球だけではないようです。(>_<)

上原選手、燃え尽きるまで頑張って下さい!!

では、また次回お会いしましょう!!






2018年3月25日(日)
<< 私もこれあるよ~(-_-メ)
2018.3.22
春ですね〜🌸 >>
2018.3.31

はじめのページに戻る




白寿堂鍼療所・整骨院
〒343-0842 埼玉県越谷市蒲生旭町10-23
048-986-7073

Copyright (c) 白寿堂鍼療所・整骨院 All Rights Reserved.